FC2ブログ

FC2カウンター

メーリングリスト

参加するにはコチラ♪から
*レッスンスケジュール、キャンセル情報、各種案内などいち早くご連絡差し上げます。 PCがなかなか見れない!という方も。

プロフィール

EyeCandy POLE DANCE

Author:EyeCandy POLE DANCE
05年10月より日本初、都内スタジオにてポールダンスレッスンをスタート。07年1月、渋谷にEyeCandy主催ポール常設ダンススタジオ、【CANDY BAR】OPEN!!
所在地:東京都渋谷区東1-24-8 トキワマツ72ビル B1F-A
TEL:03-3377-0507
URL:http://www.eyecandypole.com


雑誌『FYTTE』、テレビ東京『流派ーR』、インターネットTV『GYAO』、雑誌『Body+(ボディプラス)』、雑誌『GLAMORUS』、日本テレビ『ザ・サンデー』、雑誌『LUIRE』、雑誌『GISEL』、雑誌『Hanako』、フリーペーパー『シティリビング』、雑誌『S Cawaii』、雑誌『VIVI』、TV東京『朝はビタミン』、日本TV『ゲツヨル』、TV朝日『ワイドスクランブル』等多数紹介。
その他詳細はHPをご覧下さい。
代表,Instractor:YOSSY(a.k.a.444)

【初めての方へ】レッスンFQA

ご予約前に必ずコチラご覧下さい。

mobile EYE CANDY

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

FC2ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近告知モノばっかで、日記らしい日記は書けてませんでした。
書きたいことはたくさんあったのだけど。

EyeCandyポールダンスレッスンを始めて2年が過ぎ、スタジオ『Candy Bar』をオープンして1年がたちます☆
この1年間、そして2年間を振り返って。

私は今、週に13クラスのレッスンを受け持ってます。
月にではなくて週に、です。これって結構な数字ですよね~~。
月にしたら50クラス以上、1ヶ月で教える延べ人数は250名になります。
このレギュラークラス以外にも、
プライベートレッスンだったり、振り付けの仕事を頼まれたり、取材依頼に対応したり。
はたまた自分のSHOWだったりリハーサルだったりで、毎日5~6時間は踊ってることに☆(幸せなことです♪)

「どうしてポールダンスを始めたのですか?」

よくある質問です。
答えは、「どこにもなかったから」。
後は、単純に私がポールダンスが「好きだったから」「やりたかったから」。

この話は以前にもしたことがありますが。
2年前の当時、ふとポールダンスをやりたい!と思った私。
色々探してみましたが、どこにもなかった。
(たとえあったとしても、それを見つけることはできなかった)
そもそも、ポールがある場所がない=★
ポールダンスは、まず「ポールの設置」というカベがあります。
けれどポールがあるような場所は、それこそストリップクラブくらいしかなくって。
ならば、作ってしまえ~~~!!!と思ったのが、最初です。

アタリマエだけどいきなりポールをたててくれるスタジオもないし、
では、とイギリスから仮設ポールを輸入し、レンタルスタジオを借りて始めました。
当時、HIPHOP/JAZZダンスを不定期で友達に教えたりしていた私。
そのスタジオで、当時の生徒(友達)を相手に始めました。
とはいっても、最初はホントに遊びで、という感じで。
これをこんなビジネスにするつもりもなかったし、そうなる予想もできなかったし。
友達やその友達、数名で不定期でのレッスン。

スタジオレンタル代やポール代金もかかり、ポールを運び入れるのも大変だったので、
(当時は毎回仮設ポールをスタジオまでかついで運んで設置してました;;)
もっと人数を増やそう!!とサイトをたちあげました(このBLOGですね)。
そうしたら他にドコにもなかったからか、あっという間に生徒が増え始め。
不定期だったレッスンは週に1度になり、2度になり、3度になり。
特に宣伝もしてなかったのに、
半年を過ぎる頃には生徒さんの数は200名にふくれ上がってました。
あとは皆さんも知っての通り=。
マスコミにもチョイチョイとりあげられ、、生徒さんの数もレッスンの数も増え続け、
ポールダンスレッスンを始めて1年を過ぎた2007年1月、自身のスタジオ『Candy Bar』オープンに至りました。

たぶん私自身が一番、この現状に驚いていると思います。
先にも書いたように、最初はほんの「思いつき」だったから☆

この話も以前書いたことがありますが。
私はきちんとポールダンスを習ったことがあるわけではありません。
NY在住の際にポールダンスをやる機会はあったものの、本格的なものではありませんでした。
だから全て独学。見よう見まねです。
でもたいていの動きは一度見ただけでできてしまったので、
たぶん私はポールダンスにとても向いていたのだと思います。

あとは色々な人にそれを教えるにつれて。
どの動きがどの筋力を使うのか、どうしたらそれがキレイに見せれるのか、を
一生懸命生徒さんに教えるにつれ、解析できるようになってきました。
だから、私は最初から「先生」だったわけでもなんでもなく、
「生徒」さんがいてくれたからこそ、「先生」になってこれたのだと思います。
私も生徒さんと一緒にこの2年余り、多くのことを学んでこれました。
「生徒」さんから学ぶ、というのはおかしな表現かもしれませんが、
本当に「生徒」さんあっての、今の自分だと思っています。感謝!感謝!

この2年余りで教えた生徒さんの数は、500名を超えると思います。
延べ人数ではなく、実際の人数で。
その全ての人に感謝しつつ。。。
今後も、私に「教えて欲しい」という人がいる限りは、教え続けていきたいと思っております。


さて、話は変わって。
長くなりますが、もう一つ伝えたいことがあります。
それは、『ポールダンス』の定義(?)。

私は、『ポールダンス』=『ポールを使ったダンス』と考えています。
『ポールダンス』という特別なジャンルがあるわけではなく★
ポールならではの動き、ポールでしかできない動き、はもちろんありますが、
私は、これはあくまでも『ダンス』と考えています。

●『エクササイズ』と『ダンス』の違いは何か?
これはこの前、ラジオJ-WAVEの取材のときもお話した内容ですが。
そこに、“見せる人”がいるかどうかだと思います。
美容や健康など、自身の目的を果たすことを目標としたものが『エクササイズ』だとすれば、
『ダンス』はそれを“誰かに見せる”ことを目標としたものだと思います。
もちろん最初はエクササイズ目的でポールダンスを始める、というのは悪くないと思います。
でもやっていくうちにそれを“誰かに見せたい”と思ってくるのは自然な流れだと思いますし、
最終的には皆さんにそうなっていって欲しいと思っています。


また、ポールダンスはそのアクロバット性故に、他のダンスと比べ、競技性の強いダンスだと思います。
けどしつこいようですが私はこれは『ダンス』だと思っています。『競技』でもなく。
では ●『競技』と『ダンス』の違いは何か?

『競技』とは、文字通り“技を競い合うもの”です。
これができたら○点、これで○点、など採点をつけたり、もしくは他の方法で優劣をつけ、
“勝ち負けを決めるもの”です。言ってみれば、勝負の世界。
でも『ダンス』は違います。『ダンス』は誰とも争いません。
『ダンス』で大切なことは、自身で表現したいものをどれだけ表現できるか、そしてどれだけ観客を魅了できるか。
それだけです。
(*ダンスの世界にもコンテストやバトルという形式もあります。これを否定するわけではないですが、私は『踊る』目的ではないと考えています)

私は、『ダンス』は料理に似ていると考えています。
好みの食材(=曲)を自分流に味付けし、スパイスを入れ、煮たり焼いたりして、一つの作品として完成させる。
けれど忘れてはいけない大切なことは、料理は決して
“作る人”のためにあるのではなく、“食べる人”のためにあるということ。
どんなに完璧にレシピ通りに作っても、食べる人が“おいしい”と感じなければ意味がない。
その料理は失敗といえます。
それぞれの好みというものもありますから、全ての人に“おいしい”と思わせるのは難しいことかもしれませんが、
そのために心をこめて調理する。大切なのはこのこと。

色々な人の色々なダンスを見て思うのですが、
「上手なダンス」と「感動するダンス」は決してイコールではないんですよね。
何が違うのか?これはきっと永遠のテーマだと思います。
魅力的なダンスを踊れるダンサーになるために。

私見ですが、技術的なものと感性的な部分、ということなのだと思います。
片方だけあっても、きっとダメなんですよね。
シンガーにしても、失恋したことない人が失恋ソングを歌っても説得力がないように、
ダンスもきっとそういう部分があるんだと思います。
踊るのも人間、見るのも人間だから。
人を感動させるには、その人の生き様だったり人間性だったり、ってものが垣間見れる瞬間が必要なんじゃないでしょうか。

歌と違って言葉を持たない『ダンス』だから。
直接的に伝えることはできないけれど。
だからこそ、『ダンス』は奥が深くておもしろい-。

技術的な部分、そして感性的な部分を磨きつつ。。。
私の踊りが「みたい」という人がいる限り、私は踊り続けていきたいと思います。


ではでは。
かなり長くなりましたが~。
一人のダンサー/アーティストとしての自分、インストラクターとしての自分、そして経営者としての自分。
そのどちらにおいても磨きをかけ、2008年もまた一つ成長していきたいと思います。


★☆本年も皆様大変お世話になりました☆★
2008年も、EyeCandyをよろしくおねがいいたします。


YOSSY(444-Triple 4 )


☆ポールダンスレッスンの詳細は**EyeCandyWEB**の方をご覧下さい。

↓投票お願いします★
=人気blogランキングへ=
ブログランキングranQ
ランキングナビ
にほんブログ村 ポータルブログへ

にほんブログ村 美容ブログへ






 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。