FC2ブログ

FC2カウンター

メーリングリスト

参加するにはコチラ♪から
*レッスンスケジュール、キャンセル情報、各種案内などいち早くご連絡差し上げます。 PCがなかなか見れない!という方も。

プロフィール

EyeCandy POLE DANCE

Author:EyeCandy POLE DANCE
05年10月より日本初、都内スタジオにてポールダンスレッスンをスタート。07年1月、渋谷にEyeCandy主催ポール常設ダンススタジオ、【CANDY BAR】OPEN!!
所在地:東京都渋谷区東1-24-8 トキワマツ72ビル B1F-A
TEL:03-3377-0507
URL:http://www.eyecandypole.com


雑誌『FYTTE』、テレビ東京『流派ーR』、インターネットTV『GYAO』、雑誌『Body+(ボディプラス)』、雑誌『GLAMORUS』、日本テレビ『ザ・サンデー』、雑誌『LUIRE』、雑誌『GISEL』、雑誌『Hanako』、フリーペーパー『シティリビング』、雑誌『S Cawaii』、雑誌『VIVI』、TV東京『朝はビタミン』、日本TV『ゲツヨル』、TV朝日『ワイドスクランブル』等多数紹介。
その他詳細はHPをご覧下さい。
代表,Instractor:YOSSY(a.k.a.444)

【初めての方へ】レッスンFQA

ご予約前に必ずコチラご覧下さい。

mobile EYE CANDY

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

FC2ブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえばこれがこのBLOGのタイトルだったっけ=☆
『ポールダンスのススメ』。

もともとマメじゃない私はBLOGの更新もままならず・・・
もっと色々なこと、書いていきたいって思ってたのにな~。
今回は久しぶりに日記めいた内容です

最近改めて感じるのは、『ヒトとの出会い』のコト。
結局何をやっても、大切なのはソレなんですよね。
私が今こうやって毎日ポールダンスを踊ったり、レッスンしたりできているのも、
今まで色々な人達との出会いがあったから
それに他ならない。

『EyeCandy POLE DANCE』は決していきなり誕生したわけじゃなくって~
言ってみれば、私の出会いの軌跡というか、結晶なんですよね

意外かもしれないけど、私が初めてイベントで人前で踊ったのは、HOUSEだった。
もう15年ぐらい前の話=☆
ダンスを始めたもののお金がなく、レッスンにはそう頻繁に行けなかった私。
ストリートダンスのレッスンをやっているスタジオも、当時は今ほど数がなかったし。
何をしていいのかわからず、ビデオとかみながら一人狭い部屋で練習~★
親によく怒られたもんだ

そんなとき出会ったY先生。
ヤル気があるヤツには俺がタダで教えてやるっ!』と、
深夜0時~朝6時まで、巣鴨のスタジオを借りて毎週無料レッスンをしてくれた。
今考えると、あり得ない話~。 RESPECT! Y先生。

そしてこのY先生が何も知らなかった私に、色々教えてくれた=。
OLD SCHOOLの歴史、HIPHOPのダンス、そしてHIPHOPカルチャーのこと。
Be BopにHOUSE、NewJackSwing、FUNK、SOUL、PUNKING。LockingにPoping、Breakingまで。
(何のこと?って人は、各キーワードを調べてください)
全てのジャンルにわたってその歴史からステップまでレクチャーしてくれた。
深夜から朝まで、眠い目をこすりながらのハードなレッスン。
女の子も男の子も、みんな必死だった。
そしてNYのClubのダンスビデオなども見せてくれたっけ。
初めて見る、NewYorkのダンサー達。

そのY先生が初めてイベントに出してくれた。川崎『Club Citta』のダンスイベント。
初めてだっちゅーのに、いきなり大箱!!
男の子4人+女の子3人のHOUSEユニットでの出演だった。
みんなの足を引っ張らないよう、一人必死で公園で練習したっけ。

その後たまたま出会ったAちゃん。
そんな私に「一緒に踊ろう」と声をかけてくれた。
Mちゃんも加わり、3人で自分の“チーム”というものを組んでクラブで踊りだした。
ラジカセ抱えてほぼ毎日、夜遅くまで渋谷の公園で練習したっけ。

そしてその頃出会った、ダンスがとっても上手な一人の女の子。
NYに留学していたというコだった。

NYへの興味はますます強くなる。。。

そして、
ただダンスが好き!ってだけで、無謀とも思える状態で単身NYへ
ちょうど10年前になる。
ずーっと夢見ていたものがスグ目の前にあって。
NewYorkは、やっぱり思っていた通りのエキサイティングな場所だった。

けどそこで立ちはだかってきた現実=。

私なんかよりずう~~っと才能があるダンサーなんて、ゴロゴロいる。
それでもなかなかダンスで身を立てるのは大変な世界で。
ダンサーという職業を生業にしていく、ということの厳しさ、大変さ。
それを痛いほど思い知った。身体一つだけで生計をたてていくというリスク。
ケガや病気は文字通り命取りで。
落ち込んだり、凹んだり、もうダンスやめよう、って思ったり。
ケガしたり、病気したり、踊れなくなっちゃったり。
それでもやっぱりダンスが好きで。
素晴らしいダンサーにもたくさん出会って。
・・・だからやっぱりまた踊ってた。

ダンスだけじゃない。
シンガーでもアクターでもアーティストでも。
『自分を表現したい』という人達が世界中から集まってくる、NewYorkという街。
最っ高のモノと最っ低のモノ、全てを包括し、それらを飲み込むBig City。
その中で、一人の異国人として生活していくということ。
楽しいこともたくさん、ツライこともたくさん。
ビザの問題、言葉の問題、APTの問題、仕事の問題、お金の問題、ルームメイトの問題・・・。
次から次へとふりかかってくるトラブル。
日本にいたら抱えなくて済むような問題ばかり。
『生きる』ということ、『生きていく』ということ。
そういうのを学んだのもNYという街だった。

そうしてたくさんの人と出会った。
女の子も、男の子も。
日本人も、アメリカ人も、アジア人もヨーロッパ人も。
白人も黒人もスパニッシュ(ヒスパニック)も。
みんな同じ人間で、みんな一生懸命生きてるんだって実感できたのも、NYにいたから。

同時に、日本のこともたくさん知ることができた。
日本にいたら見えなかった、「日本」という社会、「日本人」という人種。
いいところもたくさん、悪いところもたくさん。
それでもやっぱり、自分の故郷であり、自分の国であることには変わりなくて。
だから帰国することになった。
6年間のNY生活に終止符を打ち、日本へ帰国。

・・・それがちょうど4年前になる。


その後も、色々な人達と出会って。
話が長くなっちゃったので中略するけど、
色々な出会いがあって色々なことがあったから、だから今、私は今日も踊っている=。

「ポールダンス」とは一見全く関係のないようなところでも。それらは全~部つながっていて。
“あのときこの人に出会っていなければ・・・。”今の私はいない。
そういう人達がたくさんいるんだ。。。


うちにポールダンスを習いに来る、多くの方々。
それもまた、一つの大きな“出会い”
ダンス自体全く初めてで来る方々、色々なダンスを経験して来る方々。
そのきっかけや目的は人様々だけれど。
「ポールダンス」がその人にとって素敵な“出会い”となること、
単純にスキルアップだけじゃなくって、それが何かの“きっかけ”になってくれたら、、、と思います。

だって、
「ダンス」って楽しい!
「踊る」って素晴らしい!!

私はそう思うから。

今日もまた、新たな素敵な出会いがありますように
そう思いながら、
今日もまた元気に踊りたいと思います


☆ポールダンスレッスンの詳細は**EyeCandyWEB**の方をご覧下さい。


↓投票お願いします★
=人気blogランキングへ=
ブログランキングranQ
ランキングナビ
にほんブログ村 ポータルブログへ

にほんブログ村 美容ブログへ



444-Triple 4

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。